Count Down

2001年のひとりごと
過去の駄文

就職するらしい

実家にいるとですね、メシにありつけないコトがナイので、なんだよ、無職でも全然生きて行けるじゃねぇかよという正しくない成人としての感覚を覚えがちですが昨日CGIをいじくり倒して、さーてあとはMacで確認して終わりだなー、よっしゃー、接続し

 

……アタクシ直通の自宅の電話が止められてましてですね、

 

無職でも生きては行けるが生活は営めないというコトに気が付いてしまいました。普段使っているWindowsはケーブル接続でして、コチラのほうは滞納すると次の月に2か月分引き落とされるという、貧乏人にとっては大変有難いシステムになっているのでひと月くらいは余裕で滞納できるのですが、どうもNTTっつのは融通が利かなくてイケません。

誰が一番イケないかというと、三十にもなって無職を貫き通しているアタクシだというコトは言わずもがな。それくらいのコトはわかる程度にオトナのつもりです。

 

いや、わかってないから料金未納で電話止められてるんじゃねえのか。

 

というワケで、誠に勝手ながらアタクシ、明日から心を入れ替えて就職活動に励もうかと無駄な計画を立てておる次第で御座居ます。さすがに丸1か月の特別休暇(自己決定分)は長過ぎたようです。

 

さーて、煙草も買えない生活から脱出するぞー。

とりあえず就職準備金として10,000円程貸してくれない? ママン。

怖くて言えないケド。