ヒト日記リターンズ「里親の資質」

NO IMAGE

保健所から収容されたいぬねこを引き取って里親を探す、という行動は素晴らしいと思う。お金も労力も必要だし、とても大変なことだと簡単に察しがつく。そういう現場を見ているからこそ、無責任な飼い主が許せない気持ちが強いのも理解できる。悲しい思いをしたいぬねこを今度こそしあわせにしてあげたいって気持ちは痛いほどわかる。

でもね。

里親募集サイトを見ると、なんだかとってもイヤな気持ちになることが多い。

なぜか。

譲渡条件の記載の仕方がどこのサイトも異様に厳しいのだ。条件が厳しいわけではない。求めていることは至極当然のことばかり。終生飼育。室内飼い。ワクチン接種。病気の予防、治療。

言いたいことはわかるけど、無責任な飼い主が憎いのもわかるけど、いぬねこのしあわせを望むのもわかるけど、なんでそんな「ひとを見たら泥棒と思え」的な、里親を名乗り出るひとを最初から「無責任なひと」だと決めてかかったような物言いをするんだろう。

そんなつもりはない?いやいや、充分威圧的で「我々こそが正義!」と言わんばかりですよ気付いてないだけで。

身分証明書の提示をしていただきます。
ご自宅に伺い飼育環境を確認させていただきます。
適性を判断させていただきます。

アンタらナニサマなんだ。もう少し柔らかい表現はできないのだろうか。表現の仕方ひとつで、もっとたくさんの不幸ないぬねこを救えると思うんだが。

里親を名乗り出るひとのなかには、そりゃ賢くないひともいるだろう。タダだからラッキーってな感覚で安易に引き取ろうとするひともいるだろう。転売目的の業者を警戒する必要もあるだろう。でも里親募集サイトをわざわざ検索して見るひとってのは、大概あなた方と同じように不幸な命を救いたいと思っている善意のひとではあるまいか。

収容されたいぬねこは有志の保護団体に引き取られ、体調のチェックや性格、資質の判断の下、譲渡できそうなら有志の一時預かり宅で里親が現れるのを待つ。一時預かり宅はすでに先住のいぬねこがいるため正式に引き取れない家庭が主だ。引き取れるならそうしてるだろう。

保護団体は飼育環境を持っていない、もしくは持っていても面倒をみれる数に限りがあるため、溢れたいぬねこを里親が見つかるまで一時預かり宅に預けるわけだ。

・・・それも充分無責任と言える行動では?

収容所から引き取る段階では、そのいぬねこの飼い主はまだ見つかってもいない状況なわけだ。それなのに「なんとかする」という根性論で以って引き取ってしまう。その後に里親を募集し、一時預かり宅を確保し、譲渡会などを開き、めでたく里親が現れ・・・

現れなかったらどうするんだ。ずっと一時預かり宅で面倒みるのか。(実際そういういぬねこも多い)(一時預かり宅で2年も3年も過ごす場合もある)(もうそこまでくればアンタが引き取ったらどうだ)

里親の名乗りを挙げるひとの中にも、とにかく命を救いたいからと、多少無理をすればなんとかなるだろうと、なんとかしようと、なんの確証も提示できないけどしあわせにするという約束はできる、ってひとは大勢いるんじゃなかろうか。

それを、威圧的な条件提示によって失っていると思う。それは、しあわせになるいぬねこの数を減らすことに繋がってると思う。いぬねこのしあわせを決めるのは、保護団体じゃない。本当にひとつでも多くの命を救いたいと思うのであれば、保護団体にももう少し謙虚さが必要だと思う。