ヒト日記リターンズ「上から目線」

NO IMAGE

大変お久しぶりでございます。久々の更新ですけどもキサマのみなさんはインフルエンザやノロウィルスやO157などに見舞われて社蓄どもが血の涙を流しながらサービス残業に勤しんでいる最中温かい布団の中で惰眠を貪ったりなんかしてないだろうな!こちとら2週間残業続きなんだよチクショウまみやです!

・・・ちょっと挨拶激し過ぎたかな。

世界的にすっかり浸透した感のあるTwitterでございますけども、お手軽に始められるもんだからお気軽につぶやいてそこかしこで毎日おバカさんが素敵な醜態を晒しておられますね。顔が見えないからオノレひとりきりという感覚が抜けないのでしょうが、残念ながらその画面の向こうには億単位の他人がひしめいて居るのだという事をお忘れなく。そしてそういう事をすっかり忘れていたのか、そもそも考えるだけの脳みそが小さいのか定かではない方が何やらワタクシをdisっていらっしゃったらしいのですが、その内容について思う所を3行で。嘘です。

どういう経緯でそうなったのか一番大切な部分を積極的かつ盛大に見落としつつ、ワタクシが「わざわざ気に入らないツイートを探して相手に突っかかった挙句に上から目線で物申してる」とケッタイな事を仰ってたキミ。そこのキミだ。

えっと「上から目線」ってナンデスカ?(外人)

まず辞書で調べてみましょうか。「人に対して露骨に見下した態度を取ること。また、組織の上の者が下のことを理解しないで考えを押しつけること。」

ほうほう、では「見下した態度」とは一体何でしょうか。「相手をばかにして見る。あなどりみる。見さげる。」

なるほど。

という事は「上から目線」というのは「相手を露骨にばかにして見ている様子」の事ですね。

・・・相手が全力でバカだった場合、結果として上から目線に見えるのは当然dあああ話が終わってしまう。

では、例えば小学生の子がオトナに対して生意気な言葉を投げ付けた場合「上から目線だ」と感じるでしょうか。ここで「感じる」と答えたあなたはオトナの階段を上り損ねているので一度足元を確認してください。逆にオトナが小学生に対してバカにした態度を取った場合、上から目線だと感じますか?

一般的には感じません。何故か。

小学生とオトナとでは明らかに能力差があり過ぎるからです。

という事は「明らかに能力差がある者同士の場合上から目線は存在しない」という事です。明らかな上下関係があるわけですから。

では何故上から目線を感じるのか。簡単ですね。

「相手を同等に見ようとしているのにバカにされている感があるから」です。

あのな、その時点で負けてるってコトに気付けやどあほう。オレのコトを「明らかに自分より下☆」って思ってる人間はオレに対して上から目線なんて感じねぇんだよ。それを「上から目線で不愉快」になるのは、能力差がないと思いたいのにバカにされていると感じるからに他ならない。あー言ってる意味わかる?脳みそ小さいからわかんないでちゅか?

能力差がないと思っているのであれば、そこには上も下もない。差がないんだから。そして明らかに能力差がある場合も、上下関係がわかりきっているから上から目線は存在しない。

「上から目線」が存在するのは相手に対して「自分が下に感じる場合」のみです。いいかーここテストに出るぞー。そして何故「自分が下に感じるのか」というと

・・・バカだからじゃね?(言っちゃった)

下に感じる要因は多々あるでしょう。経験不足や学習不足から生じる語彙力の差や想像力の差。しかしそれは誰かから科されているものではなく、あくまでもオノレの感覚でしかないのです。頼まれたわけでもないのに、相手に対して自分を下だと感じるなんて、なんて酔狂なドMなんでしょう。そして、下であるという事を認めたくないが故に不愉快に感じるわけです。

上であるという自信を持ち合わせていないが故に不愉快に感じるとも言えます。何故上であるという自信が持てないのかと言うと、経験値が低いからです。どっちにしろ相手に対して上から目線を感じるヒトは、自分で下から目線に成り下がっているのです。それは「上から目線」の者の落ち度ではなく、勝手に下から目線になっている者の問題です。

ちなみにワタクシはそのおバカさんがTwitterでオレ批判を展開している間も、こいつ上から目線で物言いやがってとはビタイチ感じませんでした。明らかな能力差があると知っているので。クスッ。

総括。
心に余裕がなくオノレを知らないおバカさん程自分を下から目線に追い込んで相手に不快感を示す。まあ、上だの下だの言う前に同じ目線で会話が出来るくらい精進しろよ。キミだそこのキミ。

というわけでございましてヒト日記もこれがなんと129回目。あんまりにも久々にまとまった文章を書こうと思ったがために若干ダルい感じも否めませんが、そこはキサマのみなさんの生あたたかい心で以って色々補完するべきです。次回(あるのか)いやないかな。ネタはあるので書く気が起きたらまたお逢いしましょう。