その教育、間違ってるぞ

ヒト日記 001-020
まじめな駄文

その教育、間違ってるぞ

先日、うちのばーさんの姉が我が家にやって来た。といっても、こちらも94歳のばーさまなのでひとりでは来られない。その94歳のばーさまがいま世話になっている親戚の家のヒトに連れて来て貰ったらしい(つい最近までばーさまは大阪でひとり暮らしだった)のだが、

この付き添い人が問題だ。

この付き添い人、自分のこどもも連れて来たのだがまぁ自分のこどもに寛大なこと。

そこに置いてあった肩叩き棒で窓ガラスをバンバン殴る。
ダイニングテーブルの上に寝転がる。
おもちゃのボールを投げつける。
しまいにゃいろんなところの引出しを開け始めたのでコラコラと寄って行ったら

付き添い人が一言。

「だめよ、やめなさい。おねぇちゃんに怒られるよっ」

……おい。

どうもお前が怒られたいらしいな。

私が怒るからそれはしちゃいけないのか? じゃぁ私が怒らなければ野放しなのかよ。違うだろ? 最近の若いお母さんのしつけはそれが当たり前なのか?

自分が自分の言葉で叱れよ。

自分が叱っても効き目がないからなのか、はたまたこどもに嫌われたくないからなのかは知らないが「おねぇちゃんに怒られる」っちゅーのはどうかね。

スーパーで泣きわめくこどもに「お店の人に怒られるよっ」と言っていた母親と同類だろ。

お母さん。

アンタの子なんだから自分でちゃんと叱りましょう。

他人が怒る場合、それは得てして愛情からではありません。

 

※2021年3月5日追記:まあ自分の言葉で叱らないひと増えましたよね。「他人が叱る=公共でのマナー」のつもりかもしれないけど、それにしても自分の言葉できちんと叱れっつのな。他人がものを言う場合って、負の感情満載だからな。その辺りはしっかり認識しといたほうがいいよ。