満を持して

2021年3月のひとりごと
いまの駄文

手を出しました

やっと鬼滅の刃手を染める日が来ましたまみやですこんばんは。いろんなものを見聞きしてなんとなく話もわかっている気がしたので最終巻からAmazonでポチっとな。そして最終巻を読んで号泣したため一巻から順番に読んで何かっちゃー泣いています。なんだよ鬼の過去の話とかいちいち悲しいやろがい!

そして読んでいて気付いたのですが、たくさん出て来るキャラの中で宇随天元が一番好きってことは基本的に

まぁな
俺は派手で華やかな色男だし当然だろ 女房も三人いるからな

── 宇随天元

っていうひとが好きなんだろうなあ!(どういうひとなんだってばよ)

まあ天元さま、登場して最初の戦闘で引退しちゃうので寂しい限りです。あ、ちなみにまだ十七巻までしか読んでません!これから続きを読まなくてはいけないので本日はこれにて!

 

今後、呪術廻戦の次に鬼滅の刃のネタでうるさくなることは言わずもがな。