わかるわけがねえ

2021年3月のひとりごと
いまの駄文

ドラマがどんどん終わって行く

一月からのドラマがどんどこ終わって行くわけですが、今期は何もチェックしてませんまみやですこんばんは。それなのにそろそろ最終回が見えそうな頃になってなぜか見入ってしまい、登場人物の相関関係も背景も何ひとつわからず悶えています。このひととこのひと、どういう関係なのよ!

最後から数えて三回くらい観て何もかもがわかるなら誰も最初から観ないっつのな。

しかし最近のドラマでよくある「このあとHuluでオリジナルストーリーを配信!」みたいなアレなんなんスかね。いちいちHuleの会員になるのもアレなんで観てないんスけどみなさん会員になってるんだろうか。アレって汎用性高くて使いやすいですよね。日本語として正しいかどうかは別として。

 

そういえばここしばらく綾瀬 はるか氏と西島 秀俊氏がテレビに出まくっていた関係で奥様は、取り扱い注意を観に行きたい熱が高まってるんだけども、元々連ドラだったということも知らなかったのでちょっと足踏み。この辺は映画だけでも楽しめるものと履修が必須のものがあるので考えてしまう。

そして呪術廻戦を毎回録画しているのですが、毎回録画予約するのも面倒なので機械にお任せしてあります。条件を同じタイトルのもので絞ってるのですが、なぜか録画した覚えのない情報番組なども録画されていて不思議だなあと思っています。そして昨日チェックしたらモニタリングが録画されていました。

なぜモニタリング?

しかし大泉 洋ちゃんが出ていたのでおとなしくモニタリングを観ましたが、番組の中で「呪術廻戦の声優ニセオーディション」を開催していたので多分その放送のサブタイトルに呪術廻戦って単語が入ってたから機械が「お、録画しないと」と気を利かせた結果なんだろうな、きっと。

いや、そんな人間以上に気使うなよ。

 

最初鬱陶しいなと思っていましたが、最近では「今日はなにを録画してくれたのかな?」とレコーダーをチェックするのが楽しみになりつつあります。まあ嘘ですけど。