記憶にございません

2021年3月のひとりごと
いまの駄文

海馬が仕事を放棄し出した

机に向かっていないときは「あ、あれ書こう」と思うのにいざブログ書こうと思ってPCに向かうと何を書こうと思っていたのかきれいに忘れていますまみやですこんばんは。何書こうと思ってたんだっけなあ……とはいえ事故も事件も起きてないので書くことなんざそこまで豊富じゃない。

わたくし、あんなに流行った鬼滅の刃をまだ履修してないのですけども、YouTubeを観ているとまあまあな頻度で引っ掛かるわけで、動画を観て「これは誰?」とツレに訊いたりしながら柱や鬼の名前を覚えたりしつつ、実はLiSAさんのほむらという曲はご本人より富岡義勇(の声真似さん)が歌ってるVer. のほうが好きです。

原作も読んでないわアニメも観てないわの分際で、どういうわけか胡蝶しのぶ(蟲柱)が富岡義勇(水柱)を姑のようにいじめていたこととか(そんな事実はない)、「まあできて当然ですけれども」という汎用性の高い台詞を残したことなんかを知っています。社内の使えない社員を鼓舞するときにでもどうぞ。

原作もアニメも当然映画も観ていないため、映画が原作のどの部分だったのかとか、映画で誰がどうなったのかを知らないはずですが、煉獄さんがああなってこうなる、ということは知っているわけで、そら富岡義勇が炎を歌ってるの聴いたら泣いちゃうだろ! ※ 富岡義勇が歌ってるわけではありません。

鬼滅の刃のアニメ第二期が決まったようですが、「遊郭編」ということで一部女性の差別に対して重箱の隅を突きまくってる連中の餌食になってたみたいで、そんなことに噛み付いて女性の足を引っ張るのはやめて欲しいな、と心底思ったりしてます。女性が強くなると漫画やアニメが許されないってめんどくせえ世の中だな。

とはいえ、アニメは多分観ませんけど……途中から観てもわからんだろうし……

 

ってここまで書いてもまだ何を書こうと思っていたのか思い出せていません。確実なのは鬼滅の刃の話をしようと思っていたわけではない、ということだけです。