ひな祭り

2021年3月のひとりごと
いまの駄文

ひな人形ってコワイよね

我が家には五段のデカいひな人形があるのですが、あ、ひな人形そのものの大きさは普通ですまみやですこんばんは。デカいのは人形ではなく、いわば規模。ひな人形を出すと和室の四分の一は潰れてしまう気がする。お内裏さまとお雛さまのカップル雛が主流の昨今、こんなに規模のデカいシステムなんざ出す気にもならねえ。

それに迂闊に雛システムを出して放置しておくと、間違いなくお猫さまの餌食になる。お内裏さまの笏やお雛さまの桧扇、三人官女の銚子や五人囃子の太鼓など、あっさり狩られおもちゃにされた挙句どこにやったかわからないという状況が目に浮かぶし、相手がお猫さまゆえ誰も叱らないのも目に浮かぶ。

 

\ ひな祭りってなに?/

古代中国の陰陽道で一・三・五・七・九の奇数が重なる日にお祓いなどをする風習がありました。

1月7日の人日じんじつ/七草
3月3日の上巳じょうし/桃の節句・ひな祭り
5月5日の端午たんご/菖蒲の節句・こどもの日
7月7日の七夕しちせき/七夕
9月9日の重陽ちょうよう/菊の節句

日本では平安時代に年中行事となり、江戸時代に五節句といういまの形になったそうです。そもそも節句に男女の区別はありませんが、菖蒲尚武にかけた菖蒲の節句(端午の節句)に対し、上巳の節句は優雅なお祭りとして女の子のお祝いの日だと考えられるようになりました。

ひな人形を飾るのは、江戸時代に公家の女性が武家にお嫁入する際の嫁入り道具として、ひな人形を持ち込んだことがきっかけとされています。

ちなみに京雛は自分から見て右側がお内裏さま、左側がお雛さまで、関東雛は右側にお雛さま、左側にお内裏さまが座っています。要するに京と関東では男女が逆の位置になっているのです。それは、宮廷では左側の位が高く、関東では右上位となっているからなのですが、右上位なのは大正時代以降の話だとかなんだとか。

ひな人形は二月三日の立春から飾り始めるのがポピュラーなようで、前日に飾る「一夜飾り」は縁起が悪いため避けたほうがよいとされています。なんかこれ、鏡餅も一夜飾りはダメだったような?

昔はひな祭りが終わったらすぐ片付けないと嫁ぎ遅れるという話もありましたが、いまこの話はなかったことになってジェンダー関連の揉め事を避けるためいます。不思議ですね! 三月の中旬頃、天気のよい日に片付けると湿気も飛ばせてよいらしいですよ!

あとはハマグリのお吸い物だとか、ちらし寿司だとか、ひし餅だとか、ひなあられだとか、まあなんしかそれらしい食べものを用意したりするそうです(The 大雑把)。

こどもが小さいお家なら、こういう伝統? を教えてあげるために年中行事は大事にしたほうがいいなあと思いますが、うに大人になってしまった者たちは、昔を懐かしむくらいでちょうどよい気がします。雛システム出すのも片付けるのも面倒だしね。

そして書いたあとに思ったのですが、こういうのって前日に書いたほうがいいんじゃねって気がしました。当日の夜に書いたところで「ふうん、で?」としかならないよね。うん、前日に書いても「ふうん、で?」かもしれないんだけど。前日ならもしかするとハマグリ買いに行く時間あったかもしれないしね!

 

まあ、書いてる本人が当日に気付いてるんだからどうしようもねえ。