うっせぇわ

2021年2月のひとりごと
いまの駄文

流行ってるんだろうか

しばらく前から情報番組などで取り上げられることも多かった「うっせぇわ」という曲ですが、いやいままだ取り上げられなうなのかなまみやですこんばんは。歌のセンセーショナルなところもアレですが、歌っているのが17歳の女子高生(顔出しナシ)というところがより一層話題性を運んで来るというか。

いまYouTubeで歌手デビューする方も多いみたいで、うっせぇわも同じようにつべからデビューするのかなー?と思っていたのですが、あ、シロウトなのか事務所所属なのかはわからないので、謎の女子高校生Adoさんはもうデビュー済みなのかもしれません、そうだったら申し訳ナイっす。

で、ZIPとかスッキリとかNews Zeroとかで観た時は特に何も思わなかったのですが、あ、アレだ世界一受けたい授業に広瀬 香美氏が出ててうっせぇわを歌ってたのでYouTubeを見たら色んなバージョンが出てた、って流れだ確か。まあ広瀬氏の音の外しっぷりにも笑ったけど、色んなバージョンはもっと笑えた。

いまWikipedia先生に訊いたらうっせぇわの方はデビュー済みでした。デビュー一発目がうっせぇわだったそうな。

野原 ひろし氏のうっせぇわと、リヴァイ兵長のうっせぇわは完成度も高めなのでお時間のある方はぜひ。個人的には五条先生の歌ううっせぇわの中で「わたしが俗に言う 最強です」ってところが好きでヘヴィロテしてます。オリジナルは「わたしが俗に言う 天才です」なんだけどね。

声真似してるYouTuberさんも結構多くて、しかもクオリティ高くて驚くんだけど声優さんの声真似ができるってスゴイよなあって思ったり。

 

こんだけうっせぇわの話しながら別の曲を貼るところがオレクオリティなわけですが、元は初音 ミク氏の歌なのかな?ボカロ曲。これも色々なひとがカヴァーしてて面白いっす。その中でイイなあと思ったヤツを自分用にペタシ。アニメ派の方には「誰コレ」ってキャラも出て来ますが、ゆるダンス癒されます。

なんだかんだ言って呪術廻戦に完全にハマってる。