二月二日が節分の今日

2021年2月のひとりごと
いまの駄文

124年ぶりなんだって

2021年の2月2日は124年ぶりに節分なのだそうですが、どういうこっちゃと思い調べてみましたまみやですこんばんは。ちなみに毎年「節分って二日? 三日?」と悩んでいるため、124年ぶりに2月2日がァ!と言われてもあまりピンと来ませんでした。ご、ごめんなさい……

今年の節分は、1897年(明治30年)以来124年ぶりに2月2日となったようです。さてその理由ですが、節分がズレたというより立春が一日早まったため、立春の前日の節分が一日早まった、というほうが正確なようです。ここしばらく立春が2月4日だったため、節分がその前日の2月3日だったわけですね。

じゃあなぜ立春がズレたのか、という話ですが、立春や夏至などの暦は太陽と地球の位置関係で決まるそうです。これは国立天文台が毎年2月に翌年の分を発表しているのだとか。すごいな、国立天文台。地球が太陽を一周する時間は365日ピッタリではなく約6時間長いのだとか。そこで毎年地球の位置がズレて行くそうですよ、奥さん。

太陽の位置が4年で24時間分ほどズレるので、うるう年で調整しているそうですがこのままだと4年で約45分、400年で3日のズレが出て来るため、100で割れる年はうるう年にせず、400で割れる年をうるう年に……って、これミレニアムのときに結構話題になった気がする。2000年問題。特に何も起こらなかったことでいえば、恐怖の大王と大差なし。

 

あ、ちなみにコレ、朝日新聞のサイト見ながら書いてるので、詳しく知りたい方は朝日新聞DIGITAL見るといいと思う。リンク貼れって? 検索しなはれ。

 

まあそういうわけで、今年は今日が節分でした。もうアレだね事後報告となんら変わりないよね。