おかしいな?

2021年のひとりごと
いまの駄文

おまえ、去ったんじゃないのか

昨日の夜から雪に見舞われ、本日も朝から雪が舞っておりますがみなさまご機嫌いかがでしょうかまみやですこんばんは。なんだかまた大雪だとかふざけたことを抜かす天気予報に殺意の波動が芽生えます。せっかく融けたってのに! 雪! また積もるつもりか! 帰れ!

昨シーズン降らなかった分まで今シーズン降ろうとするな。何だおまえらノルマでもあんのか。

 

一時期は二桁のあるじにお仕えしていた我が家も、いまは小ぢんまりと四主になっています。お二階㌠は男の仔…というかおっさん二主で、男らしさ満点の甘えん坊。いいかーよく聞けー。お猫さまは女の仔より男の仔のほうが優しくて大らかで甘えん坊さんだからなー。ここテストに出るぞー。

主(小):耳垂れの茶トラ。スコティッシュフォールドのミックス(雑種)。寂しん坊で甘えん坊のくせに照れ屋で恥ずかしがり屋で自尊心が高いため、ひと前や猫前では絶対に甘えて来ない。誰もいないところでは膝によじ登って来るナイスガイ。

主(大):メインクーンのミックス(雑種だっつの)。多分ブラウンタビー。堂々とした甘えん坊。近付いただけで力いっぱいのどを鳴らし、どんな障害物があろうと膝によじ登り “なでろオーラ” を振り撒く。なでるとポタッとよだれをこぼすナイスガイ。

小と大は仲良しですが、大の前では絶対に甘えない小。大の前で甘えると矜持に傷が付くとでも思っているのか、とにかく甘えて来ません。しかし甘えたいのは事実なので、少し離れたところで大がいなくなるのを待ちます。待ちます。待ちます。待ちm不貞腐れてソファの上で寝てしまいます。

そのうち大が飽きてソファの上で小と寝ます。小、チャンスだ! いまなら甘えられる!

しかし小は大の毛繕いをはじめます。大の眉毛はありません。なぜか理由はわかりませんが、小は大の毛繕いを欠かさないのです。そしてそのまま仲良く夢の中。大のいびきと小の寝言がうるさい二階のリビング。

 

おまえさんたち、昔おっきいおっちゃんたちがいたの、憶えてるかい? 白黒のおっちゃん二匹と、白いおっちゃんと、黒いおっちゃん。随分とお世話になったんだよ? あのおっちゃんたちは誰も怒らなかったねえ。え、ヘタレなわけじゃなくて、優しかったんだよ。多分。

同じようにいびきかいて、同じように寝言いってたな、そういえば。気付けばおまえさんたちももう、シニアと呼ばれるお年頃なんだねえ。まだまだこどものようなのに。おまえさんたちが、我が家の最後のお猫さまだからね。いびきも寝言も聞き漏らさないように、安心の証だもんな、いいことだ。

 

……いや、睡眠時無呼吸症候群とか大丈夫かコレ。ひとが寝てるのかと思うくらいのいびきはどうなんだ。