ねむ…い…

2021年のひとりごと
いまの駄文

これはどうしたものか

今日一日ずっと睡魔と戦っていただけで、負けられない戦いがここにあるとばかりに伸びをしてみたり立ち上がってみたり屈伸をしてみたり、睡魔撃退が目的となり何のために寝てはいけないのか、ということをすっかり失念していたため仕事がまったく進んでいませんまみやですこんばんは。おかしいな、仕事が一行も進んでない。

寝てても変わらなかったんじゃね?

 

性懲りもなくヤクの話になりますが、わたくし朝晩と薬を飲んでおりまして、夜は寝るためのお薬+意欲をあげるお薬、朝は意識を覚醒させるお薬を毎日喰らっているわけです。なぜ夜に意欲をあげるお薬を飲むのかというと、そのお薬の副反応(副作用)に「眠気」があるからです。

意欲をあげるお薬の半減期(薬が効いている時間だと思ってくれたまえ)は長いため、寝る前に飲んでも次の日ちゃんと効くということで夜の処方にしてもらっているのですが、問題はここから。

重度睡眠障害というキテレツな病により眠剤が欠かせないわけですが、眠剤は耐性が付きやすいものが多いため効かなくなって来たら別のものに替えて様子を見ます。わたくしの場合はほぼすべての眠剤を試し、効くものが少なかったため「眠剤ではないけれど副反応に眠気のある薬」を処方してもらっています(適応外処方といいます)。

なので夜のお薬の内訳が「眠剤+意欲をあげる薬(眠気あり)+適応外処方の薬(眠気あり)」というラインナップで、まあ眠れるけれど次の日も一日中眠い。しばらく夜のお薬をサボって二徹とかしてたうつけ者だったのも手伝い、ここ二日ほどまともにお薬を飲んだらまあ次の日眠くて仕方ない。

じゃあお薬減らせば?って思った血迷える仔羊さんもいらっしゃることでしょうが、減らすと入眠できないのです。どうだ、この面倒な体質。

いろいろ作業したいので起きていたいけども、意欲をあげるお薬は飲まなくちゃいけない(飲まないと頭痛が痛くなる)、とりあえず眠剤は避けて意欲をあげるお薬だけを飲んでみても眠気がコンバンハ!と元気にやって来て次の日も居座り続けるってんだからほとほと困る。

ここ一、二か月まともに夜のお薬を飲んでなかったツケが回って来たのかなあとも思うのですが、一行も仕事が進んでいない状況はさすがに何とかしなければ、納期は立ち止まってくれない。時間止まらねえかな。