2002年6月の猫日記

2002年の猫日記
毛 玉

2002 06 03

もどきちゃん

もどきちゃん

ベランダからもどきちゃんを撮影してみました。シッポの先に輪があるトコロがチャームポイントです。ツラ構えはむぎ坊同様かなり極悪なのですが可愛らしい声で鳴く、サーヴィス精神旺盛なコです。

しかし最近、近所の飼い猫サンたちがもどきちゃんのゴハンを食べにやって来ます。

ウチは無人食堂じゃありませんよ!

2002 06 04

わにちゃん、運動中。

わにちゃん

最近お腹の垂れ具合に問題を感じているわにちゃん、とうとうダイエットをする決意を固めた模様。頑張って腹筋中です。筋肉の割れたお腹を夢見て、今日も腹筋に励んでいます。

単に寝てた時に物音がしたので、それに反応してるダケなんスけど、物音がする度に腹筋するのでかなり面白いです。

2002 06 08

むぎ坊、仕事中。

むぎ

えー…

むぎ坊がゴハンを炊いています。炊飯器をまるでタマゴを温めるかのように抱いています。きっと美味しいゴハンになるコト請け合い。

本当は此処で寝てるダケなんスけどね。炊飯器、空っぽだし。

2002 06 23

もどきちゃんが!

もどきちゃんが晴れて我が家のお猫サマに御成りあそばされました。ヒューヒューッ!

今日の朝ガシガシ洗ったですよ、こう、ずぶ濡れになりながら。どっちが洗われてんだかわかったもんじゃナイという勢いで濡れながら。

居心地がイイのか、悪いのかは本人にしかわかりませんが、少なくとも飢える心配はしなくてイイってコトくらいはわかってるようです。何せヒトには媚び媚びなので。

心配事があるとするならば

本当に野良猫サンだったのかどうなのかという部分。

実は飼い猫サンだったらどうするよヲイ。しかし、尻尾が千切れそうなくらいの怪我を負った時も、風邪で食欲のナイ時も、手足の被毛が全部剥がれていた時も、健気に我が家に来て寝ていたので、きっと飼い猫サンではナイはず。むしろその状態で飼い猫サンだった場合、その飼い主を疑うが。

何はともあれ、今日からもどきちゃんはテラスではなく、部屋の中での暮らしになります。必ずしあわせにするから、早く部屋の中に慣れてね。