2001年12月の猫日記

2001年の猫日記
毛 玉

2001 12 11

妹(独身 コタツムリ)のPCが壊れました。いや、正確には壊されました。

妹が下に居ると、2階で何やら物凄い音が。「誰かロフトから落ちたのかも!」と、慌てて2階に上がった妹が見たモノは

妹以上にビックリして硬直しているマメちゃんと倒れてケースが割れたPC。

USBのクチが捻じ曲がってしまったのはおろか、電源すら入らない始末のPCを見ながら、「でも、こんな重たいモノがマメちゃんの体の上に倒れなくて良かった」と言う妹は真の猫好きサンであるとアタクシは思う。

オレなら25万円もするPC倒されて壊されたらデコピンの一発は確実に喰らわすぜ。喰らわした後、絶対に後悔するコトは容易に想像付くけどな。

2001 12 12

此処金沢でも雪が降ったりして冬本番といったカンジ。

そして膝の上が暖かくなるというアタクシの目論見を見事打ち破り、ヒーターの前で丸くなるお猫サマ3匹。膝が暖かくなるどころか、温風遮られて寒い寒い。

アタクシが部屋に居る時、ねろはアタクシのベッドの上で丸くなってます。時々アタクシの様子を見に来ては、またベッドに戻って行きます。

しかし、

アタクシが部屋に居ない(寧ろ家に居ない)時、何故ねろは妹と一緒にコタツでテレビを観ているのでしょうか。そして何故アタクシが帰って来ると、慌ててコタツから出て来て擦り寄って来るのでしょうか。

やはり心境としては「浮気現場を押さえられた亭主」といったカンジなのか。