2000年4月の猫日記

2000年の猫日記
毛 玉

2000 04 01

ねろさん

ねろは怒られると何故か媚びる。

昨日も妹の部屋に侵入し、足の指に挟んで使う「快適グッズ」を噛んで壊してしまった現場を押さえられ、怒られたらしいのだが「ゴメンね?」と腹を出し、目一杯媚びて見せたそうだ。その姿を見て、妹はそれ以上怒れなかったと言っていた。

…処世術か?

確かに、例えばゲロをお吐きになられた時も後始末をするアタシの傍を離れず、一所懸命アタシの顔を見上げては「ゴメンね?」という顔をする。これって、単に性格なのか、それともホントにわかってやってんのか謎だ。

しかし、知能犯だとするならば、もっと利口であってもヨイはずなのだがそれ以外の部分では、まるっきりおバカさんなのは、何故だ?

2000 04 05

マメちゃん

マメちゃんにはおかしな習性があるようだ。

2階から1階に降りる時、ウチには扉があるのはご存知かと思われるがそこに鍵がかかっていると、さすがのお猫様でも扉は開けられない。すると下に行きたいマメちゃんはどうするか。

肩の上に乗るのである。

「この乗り物に乗れば下に降りられるぞ」とでも思っておいでなのだろうか。肩に乗られて「にゃぁ」と鳴かれると「行け!鉄人!」とでも言われているようで、なんだか物悲しい。

なのでマメちゃんが下に行きたがっている時は、なるべく階段に近付かないようにしている。運悪く階段に近付き、マメちゃんに「行け!鉄人!」と言われた時はしかたないのでおとなしく28号になってやります。

2000 04 10

むぎ坊は怒ると手に負えない。

ひとたび怒り出すと、世の中のすべてが気に入らなくなるようなのだ。

ちょっと近寄ったダケで「ぎゃお!」と叫ぶ。
横を通り過ぎたダケで「ぎゃお!」と叫ぶ。
近くのモノを取ろうとしたダケで「ぎゃお!」と叫ぶ。

別に取って食おうとしてるワケでもあるまいし。

そのくせヒトの傍を離れないのはどういうコトだ。ムカつくならどっか隠れてりゃイイのによ。怒りん坊で寂しん坊は、ホント手に負えない。

2000 04 16

最近…わにちゃんの様子がおかしい。

ほとんど動かない。もしかして…太り過ぎ?

動作が偉く鈍いのだ。顔もデカいし足も太いし、ちょっと太り気味かなぁなどと悠長なコトを思っていたのだが「気味」とかいう問題は、とうの昔に超越していたようだ。そういえば、座ってる姿を見ないなぁ。いつも寝転んでるよなぁ。お肉がジャマで座れないとか?!

上から見下ろすと、まるでアザラシのようです。

2000 04 20

わにちゃんとマメちゃん

窓際のわにちゃんとマメちゃん

ねろにリードを付けて外に連れ出す。

案の定、体を低く、まるでホフク前進しているようである。とりあえず家の周りをぐるっと一周。もちろん、敷地内。所用時間30分。普通に歩けば1分とかからないだろうに。

次にわにちゃんを連れ出す。

鼻に触る草という草をバリバリ食す。とにかく食す。ほとんど動かず食してばかりなので早々に切り上げる。

次にマメちゃんを連れ出す。

玄関を出たポーチでいきなり転がり始める。ずっと転がり続ける。転がりっぱなしである。延々転がり体を床にこすり付けるダケなのでつまらなくなり早々に切り上げる。

2000 04 23

ねろの甘えん坊将軍っぷりが炸裂しているのは何故だ。

とにかくアタシの傍を離れない。カワイイがジャマだ。キーボードを押すな。マウスを噛むな。資料の上に足を乗せるな。手に頭突きするな。

怒るに怒れず、結果仕事が進まない。

言い訳?そうとも言う。