一難去る前にもう一難

2013年の猫日記
毛 玉

かゆいのは耐えられない

ケガをしている迷い猫マヨさん。

エリザベスカラーのおかげで後ろ脚の傷は舐めませんが、後ろ脚で腕の付け根の傷をこれでもかと蹴り掻き倒す。おかげで腕の付け根は血まみれになり治る気配がありません。

こればっかりはカラーで保護できないからなー。困ったなー。

というわけで、ハイドロコロイド(傷パワーパッドみたいなやつ)召還。もちろんそのままじゃ蹴り剥がしてしまうので、洋服装着。動物用の服はお高いので、赤子用品店(庶民の味方西松屋)でセール中の新生児服を買い、それを切って着せております。

さあ治れ!

ワセリンのせいなのか、滲出液とかのせいなのかわかりませんが、背中(しっぽの付け根辺り)が荒れてかゆがるマヨさん。お医者先生曰く「ノミアレルギーでもカビでも菌でもないなー」だそうで。かゆがるのでブラッシングすると大量のフケがハラハラと剥がれます。

むー、困ったなぁ。

 

というわけで薬用シャンプー購入。

お医者先生が洗っても大丈夫というので、洗ってみようと思います。かゆいの治るといいなー。